MENU
代引き・銀行振込希望、法人様などの大量注文の方はお問い合わせフォームまたは、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。お見積書作成も承ります。
info@jinenjyo-kuwahara.com

自然薯のくわはらの農作物

自然薯のくわはらでは昼夜の寒暖差が激しい人吉盆地特有の気候を活かして、自然薯をはじめとした根菜を中心に栽培しています。良質な水に恵まれた米どころで有名な人吉球磨地域。作物の多くは田んぼ跡地の粘土質の土壌で育てています。

2018年シーズン最大の自然薯

自然薯の2018年シーズン最大は128cm/2.86kgでした。この自然薯はオークションに出品し、6,600円値段が付きました!この自然薯を買われた方は親戚で分けて食べられたそうです。2019年シーズンもどれくらい大きい自然薯が出てくるか楽しみです。

驚異の粘り!振っても落ちないとろろ!

農園紹介

農園がある熊本県の人吉球磨地方は大雨や台風の被害が多い地域でもありますが、九州の山間に囲まれた人吉盆地で昼夜の寒暖が激しく水に恵まれ、昔からお米や米焼酎の産地として知られてきました。
元々、田んぼの畑が多く、土は粘土質で硬いですが、田んぼ独特の土の香り、ミネラルが含まれており、これが人吉球磨地方ならではの特徴だと思っています。

当農園は減農薬(一部の野菜は農薬不使用)、除草剤不使用、化学肥料不使用でバチルス菌、酵素、カルシウムを活用したカルテック栽培法を取り入れており、丈夫で健康なお野菜を作っています!

PAGE TOP